乃木坂46 決して アイドル<<アーティストではない。 「生まれてから初めてみた夢」 CDショップ大賞にノミネートされる。

 

乃木坂46の「生まれてから初めてみた夢」

 

CDショップ大賞にノミネートされました。

 

素晴らしい事だと思います。

 

 

この話を聞いたとき

ひとつ想うことがありました。

 

若いときは自分の好きな歌手やアイドルが少しでもアーティスト

として世間に認められることがなんだかとても誇らしいような

かっこいいような気がしていました。

要するに  アーティスト>>アイドル

みたいな考え方だったんだと思います。

 

でも今は決してそんなことはなく

アーティストとアイドルは

それぞれ別の価値を持っているし、重なった部分も持っているし

どちらにせよ素晴らしいものは素晴らしいと感じられるようになりました。

 

乃木坂の今回のアルバムに派手な曲はあまり入っていません。

いつからか、みんなで騒いで、盛り上がれる曲がアイドルの

ヒットソングの主流になっていました。

無駄な合いの手、叫び声、パート割をあえて多くする等。

 

だけどそんな中でも乃木坂は

少し切ない、淡いような曲が多く

それは歌が上手い、とか、曲がかっこいいような

アーティストには表現できないようなものだと感じています。

 

その時その時の乃木坂、少女から大人になる過程

メンバーの雰囲気などを絶妙に反映させつつも、

実は主流からは少しずれている。

それを貫いたところに、実は新しさが生まれた。

というような気がします。

 

特に、「スカイダイビング」はそういう雰囲気を兼ね備えていて

明るい曲ではあるのですが、ちょっと不安な気持ちも表現されています。

また、歌詞の丁寧さ、上品さ、シンプルさから

懐かしさもありつつ、乃木坂らしさが全面に出ています。

 

たぶん、何年後かに、この曲を

ふと、聞いたとき、ものすごい切なさを感じるのではないかと。

でもそれでいて、清々しさに笑顔になれるのではないかと。

 

ほんとにたくさんの人に聞いてもらいたいアルバムだったので

ノミネートはすごく嬉しいです。

乃木坂46 ひめたん卒業に想う事。

乃木坂46の ひめたんこと 中元日芽香が卒業しますね。

 

聞いたとき正直びっくりしました。

 

体調不良で休養してはいましたが、、、、

 

アイドルらしいアイドルだし

ファンに対しても対応が素晴らしいし

ある意味では乃木坂っぽくない感じもありつつ

でもはじめから乃木坂にいて土台を作ったメンバーだとも言えます。

 

すごく真面目でストイックな印象です。

 

なんだか、アンダーと選抜の狭間で

これからっていう感じもしたのですが。。。

すごく残念というのが正直な気持ちです。

 

もうちょっと 運営が大事にしてあげれば良かったんじゃないかな

というのが本音です。

 

ひめたんの場合 コアなファンというか

推しのファンも多そうなのでけっこう痛手な気がします。。。

 

もったいない。。。