読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めんどくさいこと言い出した職場の人へ返す言葉。

うまく生き抜く方法

なんとなく よく職場でありがちな

 

面倒くさい文句、不平、不満、愚痴を言い出した人へ返す言葉(例)です。

 

 

「私ばっかり仕事して、あの人は何もしない」

 

→みんな薄々気付いているけど、あなた(言っている本人)の方が

 仕事してないから注意しないんだよ。

 

 

「あの人ばっかりえこひいきされている」

 

→結局、妥当な評価なんだと思う。

 

→誰も、あなたのことをかばってくれないんだね。みじめでかわいそう。

 

「あの人ばっかり有利なシフト」「私はきつい」

 

→嫌われてるんだよ。

 

 

「疲れた。」

 

→疲れたっていう人に限ってたいした仕事してない。

 

 

面倒くさい人同士が話をしていたら

 

→だいたい、一番近くにいる人が、一番悪口を言ったり、色々言っている可能性

 が高いよね。「私はそんなことないよ」って顔してる人に限って絶対裏で文句

 言ってる」

 

 

総合的に

 

→「結局、文句言っている人ってその人本人に原因があるし、きっとそれは自分が

思っている以上に周りの人は気づいていると思う。

もうやめちゃえばいいんだよ。」

 「結局、あの人と言っているその人は、楽しく生きれていて、あなたは楽しく生きれ

  ていないわけだから、みじめでかわいそうって思われていると思うよ。はやく次の

  ところ探したほうがいいよ」

 

 

 

※ポイントはその人に直接言うのではなく

 普通に話しをしている時に、ある人(自分の知り合い)でこういう人がいたんだけど

 それってこうだよね。的な感じでいうことです。

 そして大人なんだからそんなことわかってるよね。とか付け足しちゃいます。