読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルジオンが咲いた夜2

こんな殺伐とした世の中に

 

ほんとうに

 

癒しを与えてくれた存在でした。

 

深川麻衣様 

 

こんな人が一人、職場にいてくれたら、

 

奇跡的に楽しくなりそうなのですが。

 

雰囲気は穏やかになり

 

争いごとやひがみや嫉妬もなくなるような。

 

 

「悲しみや怒り憂鬱なことはないの?」

「風に吹かれても 清々しい表情で すべてを許すように 佇んでいる。」

「君は君の姿勢で 運命受け入れてた」

「愛は与えるものと 君を見てて思った。」

 

 

でも本当に寂しいですね。

 

なんとも あの笑顔が見れなくなったと思うと。

 

 

ハルジオン の 花言葉

 

「追想の愛」

 

 

追想とは...

過去を想い出してしのぶこと。

 

つまり

過去の愛を想い出してしのぶこと。

 

あまりに ぴったりすぎます。

 

 

ハルジオンが咲く頃

ハルジオンが咲く頃