読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Fantastic Time」 意訳

Hey Say Jumpの「Fantastic Time」を

勝手に意訳してみました。

 

日本語おかしくてもご了承ください。

 

「Fantastic Time」

 

 

自分が主役だと思って、人の目を気にせず 歩いてみる。

 

今日だけは、やってみる。楽しんでみる。

 

難しいって思う事も もしかしたら出来るかもしれないって思って

 

背負った荷物は とりあえず 全部捨ててゆく。

 

ルールがあるから たしかにこの世界は ある意味では

 

生きていくことはできるのかもしれないけど

 

それって ほんとにやりたいことができている人生なのか?

 

誰しもに賞賛されなかったとしても 

 

自分の価値観で 自分に絶対の自信をもって

 

そしたら 人生は楽しくなる。 もう今宵、この瞬間から。

 

時代は色々繰り返して 常に変わっていく 

 

その中で どうなっても 前を向いて生きていく。

 

みようと思えば どれほど手が届かなくても

 

どんなに暗くても 道を作るのは できないことじゃないはずだ。

 

 

自分は本当は特別な存在なのかも知れないって思いながら

 

混沌とした世界を楽しんで生きていこう

 

こんな複雑な社会の中で 正しさなんてものは意識したってしょうがないんだから

 

多少の無茶もしていこう。

 

目立つことを意識しているんじゃない。

 

だけどとなりにいる人は大切な存在だ。

 

一緒に新たな世界へ飛び込もう。

 

その瞬間から思い出と今と希望が 全部特別になるんだ。

 

変わっていく。始まる。

 

生きにくそうなこの社会を うまくやり抜くんだ。

 

いつだって今が最高なんだから。

 

時間はいつだって平等に進み続ける。

 

そしてうまく行くって 信じてる。

 

過去を理解して

 

未来を選んで

 

大切なものはもう少し

 

もうすぐ新しい時代が始まる。

 

 

果てしない偶然の中で 起きた出来事は

 

それは 確かに意味のある。特別な宝物だ。